保育ブログ

2022年 子ども達の様子

2022.05.05

赤組(4歳児)の生活が始まりました。初日からしばらくは、緑組(5歳児)が門から部屋まで案内をします。

鯉のぼりの制作をしています。

 

ウロコを紙から丸くくり抜いて作るのですが、とんがってしまったり、小さくなってしまったり、ハサミの使い方がまだまだですね。

  

出来上がった鯉のぼりはPTAからの柏餅と一緒に持ち帰りました。

 連休が明けたら、すぐに母の日です。お母さんに絵をプレゼントするようです。

 

 

黄組(3歳児)の生活が始まりました。慣れるまでは、クラスを半分にして1日おきに登園します。

しばらくして、クラスごとの登園になりました。連休が明けると間もなく、合同登園になります。

晴れている日は外で遊びます。砂場で遊んだ後は、よく洗って片づけをします。

       

スクーターは人気です。ガソリンスタンドにもやって来て、ガソリンを入れる真似をします。

滑り台も子ども達は大好きです。縄梯子に上ったり、滑り台の下にもぐったりしています。

 

 

 

令和4年度の保育が始まりました。春休みが終わり、子ども達は園庭を走り回って遊んでいます。

それぞれ進級し、赤組(4歳児)は緑組(5歳児)になりました。まだコロナ禍なので、外で密にならないように集会を開きました。

落ちている花びらで、遊んでいました。「お花コーヒーです。」「お花ビールです。」と言って先生に勧めてくれました。

   

 

 

 

3学期は新年会で始まりました。まずは干支の交代です。牛からトラへとバトンタッチです。

獅子舞いが現れて、新年を祝いました。

 

獅子に頭を噛まれると、その年は風邪をひかないという事から、職員が頭を噛まれました。子ども達はびっくり!でも噛まれたい子が名乗り出て噛まれていました。

獅子が帰った後は、お楽しみの福引です。

 

福引でもらったおもちゃで遊びました。

 

 

 

黄組(3歳児)がホールでクリスマス会を開きました。

 ホールのフロアーで演じます。

 

赤組(4歳児)は舞台で演じます。「緊張した。」と言っていましたが、堂々と演じていました。

 

 

子どもクリスマス会では、緑組(5歳児)が黄組や赤組へ『イエス様が生まれた日』という、本来のクリスマスの日はどういうことか、劇にして見せてくれました。

 

黄組も、赤組も真剣に観ていました。

 

 クリスマスソングの合奏も披露してくれました。

 

 

 

10月9日土曜日、年少黄組の運動会をしました。

 

年少の運動会は昨年コロナ禍の中で学年を分けた所、保護者の方の人数も少なく、子ども達が圧倒されず、普段園庭で遊んでいる姿のままが観られると、好評でしたので年少だけで行いました。

保育の中では取りやすいバナナから始めましたが、ジャンプに慣れてきたので、リンゴ🍎取りにしました。

  

うさぎの部屋の子ども達は、てんとう虫かキリンの好きな方のお面をかぶって、踊りました。その日になりたいモノを決めます。いつも同じ役を踊る子もいれば、日々役を変える子もいます。本番はどちらをするのか、   保護者の方も保育者もわかりません。お面は各々お母さんと一緒に作りました。

  

にわとりの部屋の子ども達は、ウサギか恐竜に変身し踊りました。

  

 

 

10月16日土曜日、年中赤組・年長緑組の運動会をしました。

昨年はコロナ禍もあり、学年毎の分散でしたが、緊急事態宣言も明けたので、年中・年長の合同で運動会を開きました。

開会式では園歌『幼稚園の椎の木』を歌った後に、体操をしました。

 

 

年長による集団マスゲーム『勇気100%』は整然と整列し、振り上げる手も揃い見事でした。

 

 

年中による、個人競走は、忍者のごとく、坂を駆け上がり、高い所からひとっ飛び。

 

 

玉入れでは、練習の時はいつも赤の玉が多く入り勝っていたのですが、前日は引き分けとなり、本番では何と白チームが頑張り勝ってしまいました。

 

 

 

年中のリズム『白金島で踊ろう!みんな一緒にハートでタッチ!』

 

 

 

年長によるリズムはオリンピックをモチーフにしました。

水泳選手になりきったり、              卓球の試合を真似たり、

 

テニス・アーチェリー・柔道           新体操の選手になりきりました。

 

聖火に火が灯り、花火が上がりました。

 

フィナーレの花火です。