お知らせ

園長あいさつ

2023.04.11

令和5年度より、園長として着任いたしました、仙田晃と申します。

私は本園の第21回修了生であります。さらに、保育者として歩み始めた最初の10年間を本園で勤務した元職員でもあります。

本園を一旦退職後、都内区立幼稚園で29年間勤務し、再び大好きなこの森の幼稚園に帰ってまいりました。

今は、先を見通すことが難しい時代と言われています。ですから、子どもたちには、この時代を生き抜くたくましさとやさしさを身に付けてほしいと願っています。

たくましさとやさしさは、没頭して遊び込むことで身に付くと考えています。遊びは子どもの思考を働かせます。遊びは子どもの表現力を高めます。遊びは子どもの人とのかかわりを深め広げます。そして、その遊びをさらに豊かにするのが「自然」です。本園には都心にありながら、奇跡的に残された貴重な自然環境があります。昭和22年の設立以来、初代園長の城戸幡太郎先生の「子どもに自然を」の意を受け、本園と、隣接する国立科学博物館附属自然教育園の自然環境の保全に取り組まれてこられた諸先輩の方々の熱意に厚く感謝を申し上げます。

本園の自然環境を生かし、子どもたちが幼児期にふさわしい体験を積みながら、健やかに育っていくことができる教育活動を推進するために、教職員と一丸となって尽力致します。

皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。

令和5年4月 白金幼稚園 園長 仙田 晃